SeminarFlyer

歯科向けセミナー&講演会 集まるポスターの書き方。

セミナーや講演会の集客大変じゃないですか?

歯科とか医科で行うセミナーや講演会の集客って大変ですよね。

けど、知っていますか?
一般業界のセミナー集客はもっともっと大変。

まず、セミナーのコンセプト策定を行う。
どんなお客様向けなのか?
という顧客のニーズ調査から始まり、そこに自分がどんな価値を提供できるのか?そして、それは競合と重複していないか?まで。

いにしえからあるマーケティング用語で3C分析を行うわけです。
いにしえですが、これは大切。

# 3C分析の話

次にランディングページ作成、次に決済システムの設定、次にフォームの作成、A4サイズのポスター作成とやること盛りだくさんです。

  • コンセプト策定(3C)
  • ランディングページ
  • 決済、申込フォーム設定
  • A4ポスター作成

やることって、こんなにある。
けど、歯科系医科系セミナーって、ランディングページがないことが普通だったり、決済も銀行振り込みだけだったり、申込フォームがなく、Gmailに参加表明の連絡をお願いする感じだったり。

これが当たり前だから、A4ポスターを1枚だけでも他と見劣りしない。

だから、一般業界を知っている人からすると、歯科とか医科で行うセミナー集客の準備って超楽なんですね。

ラッキーです。

けどそんなに甘くない。
逆にランディングページとか無い分、A4ポスターにすべてを必要な情報をすべて詰め込まないとダメ。

けど、詰め込みすぎると文字だらけで「読みにくっ!」という誰も読まないポスターに成り下がる。

いい感じの文字量で魅力を伝えきる。
そして「申込」という行動を促す。

・・・これ、逆に大変じゃね!?

てことで、次の章からポスターにすべてを詰め込み、魅力的なコピーを書く方法をレクチャーしていきます。

ポスター(フライヤー)って大事

ポスターとかフライヤーといわれるA4媒体のスペースしかセミナーの魅力を伝えられないので情報は超厳選する必要があります。

ちなみにポスター作成で最も大事な考え方はデザインは一番最後。
これです。
デザインで人が行動をおこすのではなく、コンセプトで人は行動をしてくれます。

「あ、これ、僕の為のセミナーじゃね!?」

となってもらう必要があるので、大事なのはデザインではなくコンセプト。

じゃ、次の章で簡単にできるコンセプト策定の仕方をみていきます。

ただのポスター作成で、ランディングページを作りこむことはしないのに、結局コンセプト策定決めたり、3C分析的なことは必須なんですね。

なんやそれ、意外と大変やん。

けど大丈夫。
ある程度標準化できるので、当てはめていく感じで作れます。

僕の場合

僕の場合はこんな順番でいきます。

  1. コンセプト策定
  2. プロトタイプ決定
  3. コピー作成
  4. テンプレ選び
  5. ポスター作成

大丈夫です。
5個もあるけど、すぐ終わるから。

1.コンセプト策定

3C分析といえば大げさですが、こんな方法で自分のセミナーについて考えてみます。

2.プロトタイプ作成

3C分析の内容を元に原案を作っていきます。

①ターゲット属性確定

年齢、性別、エリア
  例)都内在住の売上UPと安定的売上継続の両面を強化したいビジネスオーナーに向けて・・

②悩み、願望

そのターゲットの悩みや願望を抽出
  例)爆発的に売上を上げたいし、安定的継続売上の両面を実現したい・・

③提供できる価値と理由、方法

このセミナーではこんな価値が提供できて、その理由は〇〇でその方法はXXという点をまとめる
  例)ショット売上を作るプロダクトローンチと、継続売上を作るサロン運用の2つのノウハウを公開。「ショット&サブスクリプション型ビジネス構築法」講師陣は日本で一番プロダクトローンチを実践しているA先生と、 日本で一番多くのサロンを運営しているB先生でおこなう。

④短くする

上記①②③を一言で言ってみる。ポイントは・・

  • 一言でいう
  • 具体的にいう(数字とかを使う)
  • 別の言葉でいう
  • 比喩表現
  • 類語を使う(類語辞典を活用)
  • かけ合わせる、削る

プロトタイプ①②③④を参考に例えば以下のようなコピーが出来上がります


ショット売上を作りながら、継続売上も作りたい都内ビジネスオーナーへ

✅プロダクトローンチで1発当たったのはいいものの継続しない・・
✅月額課金モデルを作ったけど売上が地味・・

このセミナーに参加すると、「ショット売上」&「サブスク売上」の築き方が手に入ります。
講師は年間30件以上のプロダクトローンチ案件をプロデュースして昨期は2.3億の累計売上を達成したA先生。

現在20個のオンラインサロンを運営して月額300万の売上を作り続けているB先生。
この2名に登壇頂き売上アップの秘訣を公開頂きます。


3.コピー作成

上で作ったプロトタイプをベースにコピーを作っていきます。
ランディングページ(LP)のコピーライティングと違いボリュームは少なくする必要がありますが、考え方は一緒です。

考え方って何かというと、部品部品を意識することです。

ちなみにLP作成の詳細はこちらで解説しています。

では、コピーを作っていきます。
↑のLPの書き方レクチャーにもある通り、部品を意識します。

最近は長いLPは好まれないですが、LPに書きたい情報はこれらです。

「キャッチコピー」→「リードコピー」→「自己紹介」→「問題点」→「強調」→「解決」→「ベネフィット」→「根拠、実績」→「スペック」→「緊急、限定、特典」→「アクション」

けど、チラシ(フライヤー)のスペース的に難しいので、こんな感じがお勧めです。

「キャッチコピー」→「リードコピー」→「オファーの内容、受け取れる価値」→「自己紹介」→「アクション」

順番にレクチャーしていきます。

キャッチコピー

これもひな形があります。

・ひな形①
○○が手に入る□□セミナー

・ひな形②
先生はは○○な事で悩んでいませんか?△△することで++を実現する方法が手に入ります。

・ひな形③
先生は〇〇でこんな間違いを犯していませんか?確実に(簡単にro楽にor素早くor安価に)++する方法が手に入ります。

無難なのは断然①です。
よく、奇をてらった凝ったキャッチコピーを付ける場合はありますが、逆にわかりにくくなることが多いです。
無難にシンプルに「〇〇が手に入ります」が一番伝わるのでお勧めです。

とはいっても凝ってみたい人もいると思います。
ポイントを列挙します。困ったらこれらを意識するとよいです。

新しさがあるか

できれば、ありきたりな内容より新しい内容がいいですよね?
観点が3つありまして、どれか1つでいいので新しくすると真新しさがでます。

・ターゲット
→新しい層を検討

・ベネフィット
→セミナーを受けた人が受け取れる価値
例えば治療技術とありきたりなので「心の平穏が手に入る」とか
#適当ですよ、これ。

・メソッド
→やり方の話です。まったく新しいやり方とか、少しでもいいのでアプローチの仕方を変えるとか。

トレンドを加味

世のなかのはやりを取り入れるのもいいです。
けど、煽るのはおすすめしないです。
今、コロナが流行っていますが、コロナを使って煽る人もいますが、印象悪いです。。
トレンドが分からない!?
安心してください。ここからわかります。
https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP
https://tr.twipple.jp/

ギャップ

一般的に難しいと思われがちなことが、実は簡単にできる!
的なイメージです。業界常識的に凄く難しそうな事でも、「実は、こういうノウハウを使う事でとても簡単にできる」みたいな内容です。

早・安・確・簡の要素はあるか

牛丼じゃないですが、これらの要素は人を惹きつけます。

ターゲットを絞っているか

「先生」ではなくて、「○○でお悩みの、△△な先生」を絞りましょう。 じゃないと響かないです。

曖昧な言葉を使っていないか

「長年」ではなく「20年以上」とか、できるだけ曖昧な言葉は使わずに具体的な数字で表現しましょう

リードコピー

リードコピーの役割は全体を要約して、次の行(文章)を読んでもらう事です。次を読んでもらう為に存在してる為、キャッチコピーで興味を持ってくれた人をさらに惹きつける役割です。

ちなみに、キャッチコピーで興味を持ってくれなかった人をつなぎ留める役割もあります。

例えば、キャッチコピーが
総義歯患者の満足度を高めて、同時に売上効率を高める方法が手に入る1Dayミーティング

だとしたら、この内容を要約しつつ、次の文章を読みたいと思ってもらう必要があります。なので、このコピーの詳細を魅力的に伝えます。

「総義歯患者の満足度」「売上効率」の部分にフォーカスして掘り下げていきます。

20年以上の実践をもとに体系化した、 違和感がない、外れない、痛くないを実現する為のテクニック+誘導型コミュニケーションを使い、診療効率をUPさせるテクニック

オファーの内容、受け取れる価値

これはシンプルにセミナーで受け取れるノウハウや価値を箇条書きで3つほどつたえます。

自己紹介

ポイントはいくつかありますが、考え方としては、このセミナーで講演する価値のある人物か?をいかに訴求するかです。

セミナーの内容に即しているか

セミナーの内容に即し自己紹介をすることです。
総義歯のテーマなのに、インプラントに特化した自己紹介だと変ですよね?
よって、使いまわしの自己紹介よりも、その都度、自己紹介を変えましょう。

実績

セミナーの内容に即した実績も書きましょう。
実績がない場合は、セミナーにそくしたテーマの治療を行ってきたヒストリーを書きましょう。
例えば


自分は〇〇な考え方を持っていた。これを実現する為に、○○な取り組みを10年以上続けており、今では、〇〇な治療を確立する事ができた。
今思うと、過去にやってきた〇〇という経験が非常に役に立っており、他と差別化できている鍵だと考える


写真

当たり前ですが、写真は美しいものを

アクション

アクションとは、申込になります。
いまだにFAXという場合があると思いますが、FAXだけだと不便です。
だって、ポスターは紙で手に入る事は少なく、WEBでポスターを公開する事が多いので、FAX申込だけだと、「一旦印刷」と超絶面倒な作業が発生してしまいます。

WEBマーケティングの鉄則ですが、「申込までの面倒事はすべて排除する」という事が基本となります。
例えば、申込フォームのテキストボックスが20個くらいあると、面倒で入力したくないですよね。

同じ原理でFAX申込をする為に一旦印刷するという行為は、申込をするつもりの方の数パーセントを離脱させてしまいます。

じゃ、どうすれば?

FAX申込は残しつつ、WEBフォームのURL及びQRコードを付けましょう

4.デザインテンプレート選び

書きたい文章がある程度決まってからデザイン、テンプレートを選んでいきます。

https://www.template.net/design-templates/flyer/a4-flyer/

https://ppon.askul.co.jp/search/__all__

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/search-result.aspx?kw=%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

このあたりはおすすめです。

5.清書

あとは、上記で作成した部品を配置していきます。
キャッチコピーから順番に配置していきましょう。

歯科系セミナーポスター作製で最も大切な事

前提として、人は「読まない」「信じない」なのです。

なので、読んでもらう為に、「キャッチコピー」で惹きつけて、次を読んでもらいたいので、「リードコピー」で繋ぎとめて、「オファーの内容」を読んでもらう。
ただし、オファーの内容は信じないので「自己紹介」でそのオファーが出来る適切な人物かを説明して、この人がいうなら信じられる。と思ってもらう。

で、良いねぇと思ってもらい、「アクション」という申し込みをしてもらう。

全ての文章は「アクション」を起こしてもらう為にありますので、その意識が大切です。

SeminarFlyer
最新情報をチェックしよう!
>医療l勉強会やセミナーのプロデュース法

医療l勉強会やセミナーのプロデュース法

患者様向けの歯科教室や相談会をやっても予約が入らいない場合は何かが間違っています。 医療系勉強会の講師として講演しても、研究会への入会希望者が出ないのも何かが間違っています。

すべてはセミナープロデュースノウハウで解決できます。

CTR IMG