mailchimp-LP

MailchimpのLP作成機能の使い方。

このページでは、医療系セミナー(医師が医師向けに行うセミナーや、医療関係者が医師向けに行うセミナー)の集客用にランディングページ(以下、LP)を作りたい方向けのページです。

医療系セミナーは多くの場合は、A4のチラシを作成することが多く、LPを作成してきちんと集客を行うことが少ないのです。

がしかし、せっかく演者の時間を使ってセミナーを行うならお客様は多い方がいいですよね?
であれば、A4チラシからの流入に加え、LP(WEB)への流入経路も確保すべきかと。

・医療系セミナーを企画されている業者の方
・医療系セミナーを開催して自身のプログラムの生徒を増やしたい先生
・これから医師向けに情報提供を行っていきたい先生

こんな方々に読んでもらえると嬉しいです。

このページではメルマガ配信ツールであるMailchimpのLP作成機能の使い方をお伝えしますので、Mailchimpのアカウントは事前に取得をお願いします。

#1 LPからのリスト(Audience)獲得の流れを解説

まず流れです。
その前に、なぜMailchimpでLPを作るのかというと、の説明を行います。

それは、簡単にきれいなページができるからです。(しかも使い方も簡単)
そして、申込いただいたお客様をリスト(Audienceという)としてGETでき、そのリスト宛にメールでのオートメーションマーケティングを行うことができるからです。

メールでのオートメーションマーケティングができると、どんないいことがあるかというと、セミナー当日までの期待を高めることができます。
セミナーは当日だけが大事なのではありません。当日までのセットアップがあってこそ、効果が最大化されるわけです。

流れはこんな感じです。

1、LPを作成

まずMailchhimpでLPを作っていきます。
必要であればドメインを紐づけます。
もう一度言いますが、きれいなLPのテンプレートが豊富なので私はペライチとかより断然よいと思っています。

2、オプトイン導線作成

オプトインのことを考えます。
通常、クリニック名やお名前、メールアドレス、電話番号の入力を促して、「今すぐ参加登録」ボタンを押してもらいます。
この際に、Mailchimpで大切な「タグ」付け設定を行うことで、3の流れに乗せられます。

3、メールオートメーションに乗せる

オプトインしてくださったお客様に自動メールを送っていきます。
まずは、登録後にすぐ送信される「お申込みありがとうございます。セミナー概要はこちらです。」的なメールを送ります。
その後は、登録日から起算して何日後にはこのメール、次はこのメールという感じで、オートメーションを組んでいきます。

#2 LPの作り方

ではMailChimpのLP作成機能の使い方を解説していきます。

・CreateからLanding Pageをクリックします。

・LPの名前と紐づけるユーザー名を入力してBeginをクリックします。

・テンプレートを選びます。
セミナーだと「Lead Generation」系のテンプレでよいかと思います。

・めちゃサボテンなのでこれを変えたいです。
黄色いところをクリックしてお好きな画像を入れましょう。

画面が変わるのでUploadをクリックして画像をアップします。

その後、Insertをクリックします。

・ちなみに僕は草系にしてみました。

ちなみに、LPのデザインも大切ですが、結局は書く内容が大事になります。
「どう書けばいいの?」って思ったあなたは、こちらにLPの書き方のすべてを乗せています。要はテンプレを意識して順番にパーツをくればOKという内容です。
興味あれば見ていただけると嬉しいです。

・背景を好みの写真に変えたのはいいですが、黒枠部分がメールアドレスだけになってます。
ここは「お名前」とか「クリニック名」とか最低限の項目は欲しいし、ボタンが「Subscribe」なので、日本語に変えたいと思います。

フォームの部品をクリックすると、右に設定項目が出てくるので、赤線のsignup form builderをクリックします。

・何よりも先にTranslate itをクリニックしてJapaneseを選択しましょう。
LP関連で使うフォームの言語設定はこの部分で行います。
ちょっとわかりにくいです。
以下が自動で日本語訳が入りますが怪しいので、最低限下の訳に手で直した方がいいです。
Address Line 2 :以降の住所2
City :市町村
Postal/Zip :郵便番号
Street Address :番地

・項目の黄色の+をクリニックしてフィールドを増やしていきます。
そして、右のテキストボックスには「クリニック名」とかに変更しましょう。

・一通り項目をカスタマイズしたらSave Fieldをクリックします。

・さっきまで作っていたLPに戻りたいので、猿アイコンをクリックして、Campaigneをクリックすれば、作成中のLPが出てくるので戻れます。

・こんな感じの画面になるので、ContentのEdit Designをクリック

・さっき追加した項目が出現して✔を付けられます
あとボタンの文章を日本語にしましょう。
例えば、「今すぐ参加」とかです。
めちゃくちゃ重要なことを言いますが、ボタンの文言はよく、「今すぐ申し込む」とする人が多いですが、言葉を「今すぐ参加」がいいです。

「申し込む」より「参加」の方がハードル低くないですか?
「申し込む」だとお金を連想させますが、「参加」だとお金の印象が少ないですよね


この辺りはMailChimpの使い方以前の話なので、相手がどう思うかを察するセンスの問題です(^^)

・あとは右側ペインから部品をドラックでもってきて、必要な文章をいれていきましょう。

#3 ちょっとしたコツと知っていると非常に助かる事

結構間違えてブロックを削除してしまうことがあります。
めちゃくちゃ作りこんだあろに、不要そうなブロックを削除したら、いろいろ消えちゃった・・・
ということが発生しがちです。

で、MailchimpのLPは変更点をすぐに保存してしまうので「戻せない・・」となってしまいます。そんなときの戻し方をお伝えします。

・Designを押して、Restoreをクリック。

#4 付随する設定をしよう

・LPのコピー作成が終わったら右下のSave & Closeをクリックします

・URLを変えたい場合はadd URLを
事前にドメイン連携する必要ありです。

※ドメイン連携の仕方はこちらから。ここにもMailChimpの使い方をいろいろ書いています。⇩

・Add Page Titleをクリックします。
ここでこのLPのページのタイトルを指定します。

#5のタブ設定を行えば、右上のPublishをクリックして一般公開できます。

#5 オプトイン後のタグ設定をしよう

この設定をすることで、登録後にメール自動送信&メールマーケティングのオートメーションができます。
・Edit Audienceをクリックします。

・紐づけるAudienceとタグを指定しておきます。

#6 自動メール送信をしよう

参加登録をしてくださったお客様に自動でメールを送りましょう。
この度は登録ありがとうございます。的なやつです。
事前振込制をとるならこのメールに口座情報を記載するなり、場所の詳細を記載するなり、する必要があります。

・AutomateからEmailをクリック

・Email subscribers when they’re taggedを選択しましょう。
タグ付けされた瞬間にメールを送るということです。
LP作成の過程(このページの少し上)でAudienceとタグ設定をしたと思います。
そこでタグ設定を確実に行っている前提です。

・この自動メールの名前と紐づけるアカウントを選択します

・まずトリガー設定です。
LPで登録後に即効でメール送信して欲しいので、ここをimmediatelyにして、タグをLPで指定したタグにします。
で右上のUpdate Triggerをクリックして完了です。

・ここでもタグ設定します。
ちなみにこの上のscheduleは触らなくてもいいです。
この自動化を有効にしておくscheduleですので、24時間365日的な標準設定でOKです。

・Design Emailをクリックしてメールをデザインしていきます。
ちなみに一番下のPsot-send actionはメール送信後のリストの挙動を設定できますが、今回は飛ばします。
例えば、このメールを送信したら、他のタグを付けるとかの上級設定ができます。

・上の黄色いマーカーの部分は管理用の名前なので何でもOK

・テンプレートを選んでNext
僕はシンプルなテキストメールを選びました。
なぜかというと、HTML形式という写真などで装飾されたメールは迷惑メールやプロモーションメールの判定を受けやすいので、確実に届く可能性が高いテキストのみのメールが良いと考えるからです。

・メールを作成したら1点やることがあります。
DesignのMonkeyRewardsをクリックして、スイッチをOFFにしておきましょう。これをしないと、作成したメールの最下部にMailchimpの猿のロゴが入ってしまいます。

・メールを作成したら右上のSave and Exitをクリックします。

・Finish automationで完了

以上です。

どうでしょうか?MailchimpのLP作成機能の使い方について、お役に立ちましたでしょうか?

mailchimp-LP
最新情報をチェックしよう!
>医療l勉強会やセミナーのプロデュース法

医療l勉強会やセミナーのプロデュース法

患者様向けの歯科教室や相談会をやっても予約が入らいない場合は何かが間違っています。 医療系勉強会の講師として講演しても、研究会への入会希望者が出ないのも何かが間違っています。

すべてはセミナープロデュースノウハウで解決できます。

CTR IMG